教育は国家百年の大計1:租税

 

 

 以前、就学前の幼児向けに税について説明するための人形劇があり、その脚本の募集に応募したことがある。

 ストーリーを簡単に話すとこうだ。

 「動物村のリスさんの家には毎日たくさんの子供たちが遊びにくる。理由はリスさんから、読み書き算数を教えて貰うためだ。しかし、噂が広がり、リスさんの家は満杯。見兼ねた村の大地主のタヌキさんが、自分が金を出すから、学校を作ろうと言う。

  ところが、その費用を計算してみて、その高額なことに、タヌキさんはショックを受け、寝込んでしまう。

 そこで、村の人たちは話し合い、それぞれが少しづつお金を出し合う事にする。

 そして、見事学校ができる。」と言う話。

 就学前の幼児にはとっておきのテーマだったので、評価され、次年度の脚本に採用された。

 しかし、実際の脚本では、タヌキさんが費用におののき寝込んでしまうところはカットされた。就学前の幼児に話しても難しいと判断したか?現実に金額の話をするのは、支障を感じたか?

 でも、わかる人にはわかると思う。

 そここそが、税金というシステムが必要な理由で、なぜこの世に税が存在するかという本質を示しているのだ。

 当時、私にも同じような年頃の子供がいて、そちらにはこのバージョンで話をしてあげた。すると、「学校ってそんなにお金がかかるの?」という話になった。

 そこで、こう答えた。「学校がお金がかかるというより、1人の力じゃ、結局何もできないんだよ。」と教えて上げた。

    もう一個作っていたが、半分どっかで読んだ絵本のパクリなので、応募は控えた。

 「像は象一頭、ネズミはネズミ一匹の仕事をすれば良し」

 という話で、もともと感慨深い話なのだが。我ながらとても上手く租税教育向けにアレンジできたと思っている。

 「どうぶつ村で、大事な橋が嵐で流された。村人達は、総出で橋を作り直す事になった。力持ちの象さんは、丸太を運び、ネズミさんは釘を運んだ。器用な猿は、縄を結び、トラはハンマーを振り下ろした。 

 おかげで、立派な橋ができたが、作り直してみて、前の橋が流されてしまったのは、重い動物が通り過ぎて、支柱がめり込み、橋全体の高さが下がっ てしまうせいだとわかった。

 そこで、象さんは、一日一往復しか橋を使用しないで欲しいと頼まれた。

 横で聞いていた象の子供が激怒した。

 「お父さんは一番重い丸太を何本も運び、誰より橋のために働いた。ネズミさんなんか釘しか運んでないのに、何度通ってもいいんだろう?それなのに、お父さんが一番使ってはいけないなんておかしいじゃないか!」

 しかし、お父さん象がこう言った。

 「坊や、お父さんは誰よりも働いたわけじゃないよ。確かにたくさん汗もかいたけど、ネズミさんほど辛くはなかった。ネズミさんは、汗びっしょりで、ゼーゼー言って、倒れないか心配したくらいさ。

 回数だって気にする事はない。お父さんは浅瀬ならあの川を渡るだけの力があるからね。まだ渡れない坊やが使えるなら十分さ。そういえば、カワウソ君なんか、使う時ないはずなのに手伝ってくれたな。

 みんなが幸せになるには、誰もサボらず、でも誰も働き過ぎず、ただ象は象一頭、ネズミはネズミ一匹の仕事をすれば良い。そういうことさ。」」

 累進課税を想起させる説話だが、富裕層にのみ訴えるつもりはない。みんなが幸せになるために、富裕層も貧困層も応分の負担を担うことが、民主主義社会では重要なのだ、と感じてほしい。

 やむを得ない事情で福祉を受けるのは、仕方がないが、擬態して福祉を受けている人は、憲法大義務が、「教育・勤労・納税」であることを思い出してほしい。

 さて

 子供向けの話を考えていて、感じたが、大人も税金の本質を忘れているんじゃないか?いや、そもそも、教えてもらわずに成長して、ただ税務署に言われるから払っているだけじゃないのか?あり得るよな。

 社会インフラがなぜ税金で作られるのか?なぜ、所得税だけ累進課税なのか?税金のなぜを考えるのはいいことだが、基本が分かっているかが心配だ。

 「税金」と習字で書かせて、学校中に貼りまくって、何がわかるというのだろう?

 高福祉国家で知られるスウェーデンでは、「良き納税者を育てる。」教育が進んでいるらしい。      (1/27追記 フィンランドの間違いでした。)

 私は特殊事情を持つ者のみがが受けられる福祉制度を、それを擬態した者が受けられる、ザルのような高福祉国家には反対なので、野放図に優秀な納税者だけを育てることには反対だが、優秀な「有権者」を育てるというのなら大賛成である。

 そして、租税教育は、その入り口として至って重要だと考える。

  何しろ、有権者の責務の本質は、収税された税金の使い途を決める事だからだ。

 

f:id:Kanpishi:20180707211842j:plain

   『マタイの召命』

 バロック期(16世紀末から17世紀頭)のイタリア人画家、カラバッジョ出世作。 

 イエス・キリストが存命のころ、徴税人(今でいう税務職員)という嫌われ者の仕事をしていたマタイは、その頃、イエスが喧伝していた「神の国」など信じていなかったが、イエスの神秘的な誘い(召喚)を受け、改心し、十二使徒に加わります。

 

 しかし、まあ、国の支えの基(もとい)なる、明日の税務を担う税務職員が、こんな時代から嫌われ者だったとは、残念ですね。税務署よりも、租税教育こそが問われているように思います。

 なお、この絵の中で、当のマタイは、誰なのかという説には、諸説あります。

 参考に、いろいろ調べてみると面白いでしょう。